たにさわ、2015年4月を振り返る

一所懸命に書いていた文章が消えました。1400文字くらいです。つらいので箇条書きで終わらせたいです。

  • 人生の登場人物が増えました。およそ一名です。大切なひとで、かけがえのない人なので、大切にしていきたいです。
  • アニメとかマンガとか、物語を少しずつ摂取できるようになってきました。小説はまだちょっと厳しそうです。
  • 精神状態がわずかに前向きになったような気がします。風見鶏みたいにくるりんとまではいきませんが、腕力でモアイ像を数ミクロン回転させたくらいの変化があります。今までが変化に乏しすぎて、これだけでも目覚ましいです。
  • 相変わらず外はこわいですが、少しずつ慣れてきました(そもそも元から外はこわいところみたいなところがあります)
  • あと何かもっとたくさん書いていたんだけど、忘れました。

こんな感じです。中でも、登場人物が増えたのが大きい要素としてあると思います。そこからガラリと変わりました。不安もあるでしょうが、良い方向にむかっているのではないかとこちらは勝手に思っています。3年間以上人生に動きがなかったのに、急にぐわっときました。ねえ、3年間も固まっていたにんげんを動かしてくれるのって、とてもすごいことなんだよ。本当にありがとう。感謝の気持ちがあります。ありがとうございます。