日本語についていくつか

▼敬語の効能について

敬語で文章を書くと、なんとなく「にんげんが理解できるように書かなくては」という気持ちが湧いてくるので便利です。私の場合、誰かに何かを伝えようとする (コミュニケーションする) と意味不明な感じになってしまって、そのまま流れで「別に意味不明でもいいや」とか投げやりな感じになってしまうので、敬語ってすごいなと思います。

以上、敬語の効能についてのお話でした。

▼「にんげん」表記について

それはそうと、私は人類のことを「にんげん」とひらがなで呼んでしまう癖があるというか、なんか傾向としてそういうところがあります。これは私の肉声を聞いてもらってもあーやっぱりわからないのかなーと今瞬時に思いました。自己完結しました。説明しますと、いま本当は「私の肉声を聞いてもらえばわかります」と言いたかったのですが、途中で「やっぱわかんねえなこれ」と思ってギリギリで回避しました。話を戻します。

私が人類のことを「にんげん」と呼んでしまうのは、実際に声を出して / ningen / と発音をしても、ひらがな的な響きにしかならないようになってしまったからです。理由はいくつか思い浮かびますが、私が自分のことをにんげんだと思っていないところがいちばん大きな部分としてあるかなと思います。だからと言って神ではなく、ただのヒューマンです。

/ ningen / と発音しても、頭のなかで「人」と「間」という漢字とが結びついてくれないのはなかなかつらいところがあります。理解として無機質になるし、かといって「ニンゲン」とカタカナの表記をする気分にもなれません。失語症あるいは失読症みたいなものを疑ったのですが、まったく詳しくないのでよくわかりませんでした。専門機関にかかるのも面倒くさいし、別に今のところ「Twitterで本来は2文字で済むところを4文字も使わなければいけない」という点以外では特段困っていないので、放置しています。

たぶん、それを概念としてまったく理解ができないので「にんげん」という発音・書き方しかできなくなってしまったのだろうなと思います。「人」とか「人類」とかはそれなりにだいじょうぶなのに、どうしてこうなってしまったのか自分でもよくわかりません。わかっていたら直してます。

以上、「にんげん」表記についてのお話でした。