雑記

現状の把握

何をするでもなく、何もない日々を過ごしている。 最近は薬が安定しておらず、起床後もかなり眠気が残っている。日中はほとんどまどろんでいて、まともに活動ができていない。 では、眠気さえなければ、何か行動を起こせるのか。 もちろんそんなことはない。…

何も書くことが出来ないということについて書くということ

つい最近まで簡単に出来たことはずのことがまったく出来なくなった。 一言で表すなら、「書けない」。たとえば自分は今ここまで書かれた文章についてすべてが駄目で唾棄されるべきだと思うし、タイトルに関しても何から何までが何がなんだかわからないゴミ要…

五月終

季節がめぐることについて。一巡することについて。はじまりの象徴としての桜はあまり好きではなかったのに、今ではあの桜が恋しい。どこかに見に行きたい。わたしが求めているときに、あらゆることがいつも手遅れになってしまっている。どうやら何かが終わ…

書きたいこと

書きたいこと? そもそも書きたいことなんてあったっけ? 敬語はやめました。っていう敬語を書きました。トートロジーはただ文章を繰り返しているということを語っているのではない。すべてあなたの認識不足だ。ざんねんながら。すべてざんねんです。こちら…

たにさわ、2015年4月を振り返る

一所懸命に書いていた文章が消えました。1400文字くらいです。つらいので箇条書きで終わらせたいです。 人生の登場人物が増えました。およそ一名です。大切なひとで、かけがえのない人なので、大切にしていきたいです。 アニメとかマンガとか、物語を少しず…

そもそもわたしってわたしだったかね?

ちょっと2日ほど意識を失っていました、すみません。その結果としてブログを書けませんでした。申し訳ございません。こういうのって、けっこうよくあることなのであまり気にしなくて平気です。よくあることです。 とはいえ、書くことがほとんどありません。…

日本語についていくつか

▼敬語の効能について 敬語で文章を書くと、なんとなく「にんげんが理解できるように書かなくては」という気持ちが湧いてくるので便利です。私の場合、誰かに何かを伝えようとする (コミュニケーションする) と意味不明な感じになってしまって、そのまま流れ…

月と隕石

実際のところ、こういうふうに毎日張り切って文章を書こうといった試みはよろしくないのではないかと思いました。多くの場合は失敗に終わりますし、にんげんが頑張りすぎるとなぜか猫に救いを求めてしまいます。無闇に猫の負担を増やすのもよくないので、そ…

さばのみそに

案外、自分はにんげんの話を聞いているのが好きらしいことを知りました。 ところで、リップクリームとスティックのりを並べて置くことほど危険な行為はないと先ほどわかりました。唇にスティックのりを塗ると、まったく会話をすることができなくなってしまい…

これから

わたしはこれからどうすればいいのか。 あまり考えたくないけど考えなければいけないよなあと思いつつ、やっぱりなにも考えたくない。ちなみに書くことができない。あれだけ好きだった、書くことができない。これはわたしにとって、かなり重大なことである。…

かつての断片

僕は誰かがおいしそうに何かを食べているのを見るのが好きだ。 だから食事中の人間を見つけたら、気付かれないようにこっそりと、無意識のうちに観察していたりする。 僕は誰かがそのおおきな口で頬張り、咀嚼し、飲み下すのを見るのが好きだ。 誰かと一緒に…

sun-jan-eighteen

それでもきっと生きていこうとするのだ。 たぶん、それでも。

ご報告

謹んで新年のお祝いを申し上げます。 えー、正月早々、2015年にもなって、ブレーカーが落ちただけで先ほどまで長々と書いていた記事が消えるというのは、ぼくたちが思い描いていた未来に対して怒り心頭に発すといったところではありますが、アニメ・エヴァン…

20141115

妄想に逃げることしかできない谷沢の最近のマイブームは、「脱出不可能な箱のなかに人間を閉じ込めて、紙とペンだけを与えたらどうなるのか」という思考実験を行うことだ。いま目の前に座っているこの人は、いったいどういう行動を取るのか――そういうことに…